金運がいいと言われる手相

金運がいいと言われる手相とは?

手相には様々な線があり、生命線などその人を表すものがあります。
手相占いや鑑定で、自分がどういう事に縁があるのか、教えてもらうケースもありますね。
手相の中には、様々な運勢を表すものがありますが、金運を見る際判断されるのは2つあります。
一つは小指の下にある財運線と呼ばれるものです。

 

この財運線は小指の下に縦に入っている線のことです。
この線がはっきりしているほど、金銭的な余裕ができている証拠とされていますね。
またこの財運線は複数ある場合もあります。
その場合は商売的なセンスがある、ということになるのです。
財運線は元々富や金運だけではなく、科学的分野での成功を暗示しています。
金銭に関してはお金を蓄える力があるかどうかを表しています。

 

もう一つの金運で重要な目安になる太陽線は薬指の下にあります。
この太陽線は仕事での評価や社会成功を意味します。
この線が明確であるほど、周囲からの評価は高くなるとされていますね。
また左手に手相は内面を表し、右手は外面を表しています。
その為、右手には太陽線があるのに、内面を表す左手にこの太陽線が刻まれていない場合は評価されつつも納得していない状態となっています。

 

太陽線については、金運というより仕事運の相ですので、結果的に金運にも恵まれる、そういった相になります。
手相は人によって違います。
診断してもらうことも出来ますし、ネットで確認することも出来ますので、自分の相がどうなのか、一度見ると面白いと思います。